税理士として独立開業するにはどんな準備が必要か

税理士となって独立開業するためのあれこれを紹介するサイト

税理士の仕事の幅

税理士は専門的な知識を要する仕事となります。 そのため当然、資格が必要になります。 税理士試験に受かり、実務経験も必要です。 試験前の実務経験によっては試験の一部が免除されます。 また、弁護士や公認会計士も資格を取得できます。 ご自身の事情に合わせて資格を得ることになります。

独立開業に向けて

資格を得たらすぐ開業して事務所を構えるということもできるとは思います。 ですが、実際には経験を積んでスキルアップし、開業を成功させるための準備期間は必要でしょう。 また開業するとなると、税理士としての業務だけでなく事業として続けていくための計画も必要となるのです。

開業のメリットと可能性

独立すると、報酬や開業する場所など自分の考えで自由に設定できます。 税務に関連した講演や執筆など、通常の業務以外のことに挑戦することもできるでしょう。 一方で、育児や趣味などのプライベートの時間を作ることもより自由となるでしょう。 安定した収入を期待できるぶん、自分に合う働き方が見つけられそうです。

まずは資格取得

個人、企業、行政、政治団体など、業務のなかに税がからまない職業はほとんどないと言っていいでしょう。

基本となる納税などの税務代理に始まり、会計業務や経営のコンサルティングを求められる場合もあります。
実は税理士法により税務代理や税務書類の作成、税務相談は税理士にしかできない仕事となります。
そのため誰より事業状況を正しく把握していて、将来の事業計画をする際にも最も的確なアドバイスのできる存在と言ってもよい立場でもあるのです。
経営者からは当然信頼され、その専門的知識から助言を求められることになるのです。
今後は企業の分析からM&Aといった分野へ、ますます仕事の幅は広がっていくでしょう。

また、地域においては税務相談に応じたり成年後見制度の支援など、社会に直接的に貢献できる仕事でもあります。
そして、都道府県や市町村という行政における税金の使途の監査、国会議員に関わる政治団体の資金の監査を行うための資格を得ることもできます。
さらに子供達に対しても、租税教室などの機会を通じて将来へ必要な知識や思いを伝える機会があります。

これらの仕事は資格があれば一生できる仕事となり、またその専門性から需要はなくなることはありません。
したがって、独立しても安定した収入を得られ、また社会的地位も得ることになります。
そして、自分のペースで仕事ができ時間にも余裕ができたりします。他の仕事との両立も可能なのです。
女性であれば育児をしながら続けていくことも可能でしょう。

より自由にやりがいを感じられる仕事で、そして一生続けられる、魅力ある仕事と言えるでしょう。